RSS

老舗ホテル「オリエンタル・バンコク」 2019年に大規模改装

2018年11月27日(火) 21時38分(タイ時間)
【タイ】バンコクのチャオプラヤ川岸の名門ホテル「マンダリン・オリエンタル・バンコク」が2019年3月から12月にかけ大規模な改装を行う。

 約20億バーツを投じ、客室棟「リバーウイング」とロビー、プール、レストランの「ロードジム」、「ヴェランダ」、「リバーサイドテラス」などを改装する。

 「リバーウイング」は総客室数を338から301に減らす一方、スイートルームを30室から46室に増やす。2019年10月にリニューアルオープンする予定。

 客室棟の「オーサーズウィング」と「ガーデンウィング」、フランス料理店「ル・ノルマンディー」などは改装期間中も営業を続ける。

 「マンダリン・オリエンタル・バンコク」は1876年開業。現在は香港のホテル会社マンダリン・オリエンタル・ホテル・グループが「マンダリン・オリエンタル・バンコク」の持ち株会社OHTLの株式42.4%を所有し、運営を行っている。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】香港のホテル大手マンダリン・オリエンタル・ホテル・グループはタイの不動産会社グランド・ラーンルアンがタイ南部プーケット島で開発中のホテルを受託運営する。

【タイ】香港拠点のホテル運営大手のマンダリン・オリエンタル・ホテル・グループは、バンコクのチャオプラヤ川沿いに建設される高層マンションを運営する。

名門ホテル「オリエンタル・バンコク」が大規模改装、「オーサーズウィング」など閉鎖newsclip

【タイ】バンコクのチャオプラヤ川岸の名門ホテル「マンダリン・オリエンタル・バンコク」が大規模な改装工事に入った。

特集



新着PR情報