RSS

東レ、マレーシアでABS樹脂生産能力増強

2018年12月6日(木) 21時49分(タイ時間)
【マレーシア】東レ(東京都中央区)はマレーシア子会社トウレ・プラスチックス(マレーシア)でABS樹脂の生産能力を年7万5000トン増の年42万5000トンに増強する。2020年11月稼働の予定。

 ABS樹脂はアクリロニトリル、ブタジエン、スチレンからなる加工性に優れたプラスチックで、工業用品から家庭用品まで幅広い用途に使用されている。2017年のABS樹脂全体の世界需要は850万トン。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】東レ(東京都中央区)は5日、タイに合弁会社を設立し、サトウキビの搾りかす(バガス)からセルロース糖を製造する技術実証を行うと発表した。

【タイ】新日鉄住金エンジニアリングと大阪ガスのタイの合弁会社NS―OGエナジー・ソルーションズ(タイランド)が東レのタイ法人ラッキーテックス(タイランド)の工場内に建設したコジェネレーション(電気・...

【タイ】東レは13日、タイ子会社タイ・トーレ・シンセティクスのバンコク工場にPPS(ポリフェニレンサルファイド)樹脂コンパウンドの生産設備を新設すると発表した。年産能力3000トンで、10月から稼...

【タイ】東レは30日、タイの商事子会社トーレインターナショナルトレーディング・タイランドがフィルム製品の在庫管理から流通サービス、原反の加工などを一括で管理するワンストップサービスを4月から開始し...

特集



新着PR情報