RSS

鹿島、ホーチミン市でホテル建設

2018年12月6日(木) 21時50分(タイ時間)
完成予想図の画像
完成予想図
画像提供、鹿島建設
起工式の様子の画像
起工式の様子
画像提供、鹿島建設
【ベトナム】鹿島建設(東京都港区)はベトナムの合弁会社インドチャイナ・カジマ・デベロップメントを通じ、ホーチミン市でホテルを建設する。11月30日に現地で起工式を行った。

 タンソンニャット国際空港から車で15分、ビジネス中心街から車で5分のグエンビンキエム通りに建設する。地上12階、地下2階、延床面積9943平方メートルで、客室数237。ベトナム発の宿泊特化型ホテルブランド「ウインクホテル」で営業する。2020年開業の予定。
《newsclip》

注目ニュース

【ベトナム】大和ハウス工業(大阪市)と大成建設(東京都新宿区)のベトナムの合弁会社DTデベロップメントベトナムがハノイ中心部から約8キロのコウザイ地区に開発したホテル機能を備えたサービスアパート「ロイ...

【ベトナム】相鉄グループは東南アジア初となる直営ホテルをホーチミン市で開発運営する。地上17階、地下2階、客室数120で、2019年春着工、2021年春開業の予定。 

三栄建築設計、ホーチミン市でホテル事業newsclip

【ベトナム】三栄建築設計(東京都新宿区)は13日、ホーチミン市でホテルを開発運営するLCKホスピタリティ(資本金1245億ドン)の株式49%を取得し、ベトナムでホテル事業に参入すると発表した。

特集



新着PR情報