RSS

バンコクの高架鉄道、サムットプラカンまで開通

2018年12月6日(木) 21時50分(タイ時間)
 の画像
 
写真提供、タイ首相府
 の画像
 
写真提供、タイ首相府
 の画像
 
写真提供、タイ首相府
 の画像
 
写真提供、タイ首相府
 の画像
 
写真提供、タイ首相府
 の画像
 
写真提供、タイ首相府
 の画像
 
写真提供、タイ首相府
 の画像
 
写真提供、タイ首相府
 の画像
 
写真提供、タイ首相府
 の画像
 
写真提供、タイ首相府
 の画像
 
写真提供、タイ首相府
 の画像
 
写真提供、タイ首相府
 の画像
 
写真提供、タイ首相府
【タイ】バンコク首都圏の都市鉄道グリーンライン(高架鉄道BTSスクムビット線)の南側延伸区間、サムロン駅―ケーハ駅の開通式が6日行われ、運行が始まった。開業から4カ月は試験運転ということで運賃は無料。

 開通式にはプラユット首相、アヌポン内相、アサウィン・バンコク都知事、BTSグループ・ホールディングスのキーリー会長らが出席した。首相一行は車両基地を視察した後、一部区間を試乗した。

 延伸区間は現在の南端であるサムロン駅からサムットプラカン県内を南下しタイ湾の海岸近くまで伸びる全長約11キロ、8駅。
《newsclip》

注目ニュース

【グビナビ】 マングローブ林に囲まれた海上レストラン バンコク都心から40キロnewsclip

バンコクの南郊、サムットプラカン県にあるタイ軍の保養施設「バンプー・リクリエーションセンター」を訪れた。一般人にも開放されていて、海上レストランが人気だ。

特集



新着PR情報