RSS

米モルソン・クアーズ、日本で「シンハービール」販売

2018年12月11日(火) 22時48分(タイ時間)
 の画像
 
画像提供、モルソン・クアーズ
【日本】ビール世界5位の米モルソン・クアーズは10日、タイのビール大手ブンロード・ブルワリーのビール「シンハービール」の日本での販売権を獲得したと発表した。2019年3月から日本全国の量販店や酒販店、飲食店などで販売する。2023年で年間28万ケースの販売を目指す。

 販売するのは330ミリリットルの瓶と缶、業務用の樽生(15、30リットル)。

 ブンロードが「シンハービール」の販売でモルソン・クアーズと組むのは英国に続く2カ国目。

 「シンハービール」は1933年、ドイツとの技術提携により作られたタイ初の純国産ビール。サンスクリット語で「獅子」を示す「シンハー」と名付けられた。

 ブンロードはタイ国内に醸造所3カ所と工場6カ所があり、「シンハービール」を含め年間20億リットルを生産、世界55カ国・地域に輸出している。

 タイ以外で「シンハービール」の販売量が最も多いのは英国で、台湾、オーストラリアと続く。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】コンビニエンスストアでビールサーバーなどの器具を使ってアルコール飲料を販売することを禁じるタイ首相府布告が10月31日に施行された。コンビニでの生ビールの販売禁止が目的。

【アジア】キリンがまとめた2017年の世界のビール生産量は前年比0.1%減の約1億9089.7万キロリットル(東京ドーム約154杯分)で、4年連続で前年を下回った。

【ベトナム】タイのアルコール飲料最大手タイビバレッジは19日、ベトナムのグループ会社ベトナムビバレッジが同国のビール最大手サベコの株式53・6%をベトナム政府から約110兆ドン(約5400億円)で...

特集



新着PR情報