RSS

JFEエンジニアリング、ハノイ市最大規模の下水処理場受注

2018年12月18日(火) 10時46分(タイ時間)
完成予想図の画像
完成予想図
画像提供、JFEエンジニアリング
【ベトナム】JFEエンジニアリング(東京都千代田区)は17日、ハノイ市最大規模のエンサ下水処理場を受注したと発表した。月島機械(東京都中央区)との共同企業体が施工し、2022年の完成を目指す。

 窒素やリンを効率的に除去する高度処理プロセスを兼ね備えた処理水量が日量27万立方メートル(対象人口90万人相当)の下水処理施設を建設する。円借款事業で、JFEエンジニアリングの請負分の受注額は約100億円。

 JFEエンジニアリングはハノイ市のホアラック下水処理場(処理水量、日量3.6万立方メートル)の建設を2016年から進めており、2019年2月完成の予定。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】JFEエンジニアリング(東京都千代田区)は16日、タイで廃棄物発電プラント(発電容量 8630キロワット)を受注したと発表した。