RSS

バンコク首都圏の大気汚染悪化 「健康に悪影響」

2018年12月20日(木) 14時04分(タイ時間)
【タイ】タイ天然資源環境省公害管理局によると、20日午後1時のバンコク首都圏の空気質指数(AQI)は複数の地点で「健康への悪影響が始まる」とされる100を上回り、一部では「健康に悪影響がある」とされる200を超えた。

 AQIが200を超えたのはバンコク都バンクンティエン区カンジャナピセーク通り(207)とバンコク西郊のサムットサコン県サムットサコン市(213)。

 また、バンコク都トンブリ区インタラピタック通り(175)、ディンデン区ディンデン通り(139)、バンナー区バンナー(124)、バンコク南郊のサムットプラカン県プラプラデーン郡(175)など多くの地点で100を上回った。
《newsclip》

特集



新着PR情報