RSS

2017年のビール消費量 ベトナム9位、タイ16位 キリン調査

2018年12月24日(月) 22時33分(タイ時間)
【アジア】キリンがまとめた2017年の世界のビール消費量は前年比0.2%減の約1億8672万キロリットル(東京ドーム約151杯分)で、3年連続して減少した。

 国別の消費量トップは15年連続で中国で前年比3.9%減の4014.3万キロリットルだった。2位は米国で2395.6万キロリットル(前年比1.2%減)、3位はブラジルで1256.5万キロリットル(同0.7%減)。

 日本(ビール、発泡酒、新ジャンルの合計)は511.6万キロリットル(同2.6%減)で7位。

 東南アジアではベトナムが435.6万キロリットル(同5.8%増)で9位、タイが221.2万キロリットル(同15.8%増)で16位、フィリピンが198万キロリットル(同13.8%増)で19位だった。

 1人当たりのビール消費量1位は25年連続でチェコで183.1リットル。日本は40.1リットルで50位、韓国は44.7リットルで44位だった。
《newsclip》

注目ニュース

米モルソン・クアーズ、日本で「シンハービール」販売newsclip

【日本】ビール世界5位の米モルソン・クアーズは10日、タイのビール大手ブンロード・ブルワリーのビール「シンハービール」の日本での販売権を獲得したと発表した。2019年3月から日本全国の量販店や酒販店、飲食...

【タイ】コンビニエンスストアでビールサーバーなどの器具を使ってアルコール飲料を販売することを禁じるタイ首相府布告が10月31日に施行された。コンビニでの生ビールの販売禁止が目的。

【ベトナム】タイのアルコール飲料最大手タイビバレッジは19日、ベトナムのグループ会社ベトナムビバレッジが同国のビール最大手サベコの株式53・6%をベトナム政府から約110兆ドン(約5400億円)で...

特集



新着PR情報