RSS

タイ77景(15)ナコーン・シー・タマラート県(Nakhon Si Thammarat) タイ南部

2019年1月4日(金) 12時33分(タイ時間)
ナコーン・シー・タマラート県(Nakhon Si Thammarat) タイ南部の画像
ナコーン・シー・タマラート県(Nakhon Si Thammarat) タイ南部
 タイ南部で最多の人口を抱える県。タイ人には巨大な仏塔(55.78メートル)とジャトゥカム(タイ仏教のお守りの一種)の寺院「ワット・プラ・マハタート・ウォーラマハーウィハーン」として、日本人には山田長政が没した地として知られる。

 タイ政府観光庁はワット・プラ・マハタートの仏塔について、日の出から日の入りまで、影が出ない「奇跡の仏塔」と紹介している。同寺で生まれたジャトゥカムは2007年ごろに一大ブームとなり、一時は希少品で数百万バーツ、市場規模は数百億バーツとまでいわれた。しかし、タイ国内でさまざまなジャトゥカムが作られると瞬く間に値崩れを起こし、国民の熱も一気に冷めた。

 山田長政はアユタヤ王朝で日本人義勇兵を率いて多くの功績を残したが、政争に巻き込まれてナコーン・シー・タマラートに左遷され、最後は毒殺されたと伝えられる。しかし、残された文献はほとんどなく、タイでは「ヤマダ」はおろか日本人の名前さえ出てこない。実在していたかどうかは非常に疑わしいとされる。

人口:155万8,000人(2017年、内務省地方自治振興局)
面積:9,943平方キロメートル(エネルギー省)
   人口162万5,000人の鹿児島県ほど
   面積9,607平方キロメートルの青森県ほど
距離:バンコクから780キロ(タイ道路協会)
《newsclip》

特集



新着PR情報