RSS

タイの私立病院ラムカムヘン、ラオスで病院建設運営

2019年1月9日(水) 22時19分(タイ時間)
【ラオス】タイの私立病院運営会社ラムカムヘンはラオスに設立する合弁会社を通じ、ビエンチャンでベッド数150の私立病院を建設運営する計画だ。敷地面積約1.4ヘクタール、投資額12億バーツで、2023年開業を目指す。

 ラムカムヘンはバンコク都バンカピ区のラムカムヘン通りでラムカムヘン病院(ベッド数485)を運営。
《newsclip》

注目ニュース

【ラオス】日本政府はラオスの病院2カ所の整備に19億4000万円の無償資金協力を行う。15日、国際協力機構(JICA)がラオス政府と契約を結んだ。

【タイ】タイでカセムラート病院5館など病院10館を運営するバンコク・チェーン・ホスピタル(BCH)は2020年までに病院4館を新たに建設する計画だ。投資額は計33億バーツ。

特集