RSS

中国新車販売2.8%減、日系首位は日産で2位にトヨタ浮上 2018年

2019年1月16日(水) 08時06分(タイ時間)
日産シルフィの画像
日産シルフィ
ホンダ・シビックセダン(中国仕様)の画像
ホンダ・シビックセダン(中国仕様)
中国汽車工業協会は1月14日、中国における2018年の新車販売の結果を発表した。商用車と輸出を含めた総販売台数は2808万0600台で、前年比は2.8%減と28年ぶりに前年実績を下回った。

日系メーカーでは、日産自動車が156万3986台と過去最高となり、日系メーカーの首位を守った。前年比は2.9%増と、6年連続で前年実績を上回る。小型セダンの『シルフィ』とSUVの『エクストレイル』、『キャシュカイ』が好調だった。

2位はホンダを上回ったトヨタ自動車で、前年比14.3%増の147万4500台を販売した。5年連続で100万台を超え、新記録を達成する。『カローラ』と兄弟車の『レビン』、『カムリ』、輸入車関税引き下げの恩恵を受けたレクサスの販売が好調だった。

3位のホンダは143万2291台にとどまり、4年連続で100万台は超えたものの、前年比は1.7%減と、2012年以来6年ぶりの前年割れ。そんな中、主力車種のシビックが、中国で初めて年間20万台以上の販売を達成している。
《森脇稔@レスポンス》


新着PR情報