RSS

スズキ、インド・グジャラート第二工場が稼働 スイフトの生産開始

2019年1月20日(日) 21時07分(タイ時間)
スズキ・スイフト新型の画像
スズキ・スイフト新型
スズキのグジャラート工場(インド)の画像
スズキのグジャラート工場(インド)
スズキは、インドの四輪生産子会社スズキ・モーター・グジャラート社(SMG社)のグジャラート工場の第二工場が完成し、1月より『スイフト』の生産を開始したと発表した。

スズキは、インド自動車市場の伸張やインドからの輸出拡大に備えて生産能力を確保するため、SMG社を2014年3月に設立。2017年2月に第一工場を稼働し、同敷地内に第二工場とパワートレイン工場の建設を進めていた。

第一工場では『バレーノ』とスイフトを、第二工場ではスイフトを生産する。両工場ともに25万台の年間生産能力を持ち、SMG社の生産能力は50万台。マルチ・スズキ社の生産能力150万台と合わせた、スズキのインドにおける四輪車の生産能力は200万台になる。

スズキのインドにおける2018年の四輪車の販売台数は前年比9%増の175万台、生産実績は同8%増の187万台。スズキは、第二工場と同時にパワートレイン工場も稼働し、2020年の稼働を目指して第三工場にも着手しており、引き続き拡大するインド自動車市場の需要に応えていく。
《纐纈敏也@DAYS@レスポンス》

注目ニュース

スズキの新世代CNG車販売、インドで50万台…8車種に拡大newsclip

スズキのインド部門、マルチスズキ(Maruti Suzuki)は12月10日、新世代のCNG(圧縮天然ガス)車の販売台数が50万台に到達した、と発表した。

スズキ、パキスタンで四輪車累計生産200万台 36年で達成newsclip

スズキは11月26日、パキスタンにおける四輪車・二輪車の生産販売子会社パックスズキ社が、2018年8月に四輪車の累計生産200万台を達成したと発表した。

スズキ、インドで最も売れているSUVを10%増産…納車待ちを短縮へnewsclip

スズキのインド子会社、マルチスズキは11月20日、インドのSUV市場で販売シェア1位の『ビターラ・ブレッツァ』を増産した、と発表した。

スズキ エルティガ 新型、予約受注を開始…インドから世界へ輸出も計画newsclip

スズキのインド部門、マルチスズキは11月14日、新型『エルティガ』(Suzuki Ertiga)の予約受注を開始した。