RSS

タイの大気汚染 東部、西部でも

2019年1月22日(火) 14時15分(タイ時間)
大気汚染対策の散水の画像
大気汚染対策の散水
写真提供、タイ陸軍PRセンター
大気汚染対策の散水の画像
大気汚染対策の散水
写真提供、タイ陸軍PRセンター
【タイ】タイ天然資源環境省公害管理局によると、22日午後1時時点のタイの空気質指数(AQI)はバンコク首都圏のほぼすべての観測地点で「健康への悪影響が始まる」とされる100を上回り、中部サムットサコン県の1カ所で「健康に悪影響がある」とされる200を上回った。

 各観測地点のAQIはバンコク都バンクンティエン区カンジャナピセーク通り185、パトゥムワン区ラマ4世通り137、トンブリ区インタラピタック通り154、バンコク南郊サムットプラカン県プラプラデーン郡149、中部サムットサコン県サムットサコン市185、ナコンパトム県ナコンパトム市185、東部チョンブリ県シラチャー郡142、西部カンジャナブリ県カンジャナブリ市162、ラチャブリ県ラチャブリ市162――など。
《newsclip》

注目ニュース

鉄道工事一時停止も バンコク首都圏の大気汚染悪化newsclip

【タイ】バンコク首都圏の大気汚染の悪化を受け、タイ当局が様々な対策を打ち出している。ただ、場当たり的な対応が目立ち、大気汚染の状況は当分の間、雨、風といった天候次第となりそうだ。



新着PR情報