RSS

フィリピンに円借款2051億円 マニラ首都圏の鉄道延伸など

2019年1月23日(水) 18時49分(タイ時間)
【フィリピン】国際協力機構(JICA)は21日、2事業、総額2051億400万円の円借款貸付契約をフィリピン政府と結んだ。

 2事業は南北通勤鉄道延伸事業(第一期)(借款金額1671億9900万円)とパッシグ・マリキナ川河川改修事業(フェーズ4)(同379億500万円)。

 南北通勤鉄道延伸事業は2015年に円借款貸付契約を調印した南北通勤鉄道(マロロス―ツツバン)を南方はラグナ州カランバまで、北方はパンパンガ州クラーク国際空港まで、それぞれ延伸するもので、2025年9月完成の予定。
《newsclip》

注目ニュース

【バングラデシュ】日本政府はバングラデシュに6件、総額2003億7100万円の円借款を供与する。14日、ダッカで泉裕泰駐バングラデシュ大使とカジ・ショフィクル・アゾム・バングラデシュ財務省経済関係局次官が書簡...

【フィリピン】日本政府はマニラ首都圏のバイパス道路整備に93億9900万円の円借款を供与する。2月28日、国際協力機構(JICA)とフィリピン政府が貸付契約に調印した。

【ミャンマー】安倍首相は14日、東南アジア諸国連合(ASEAN)関連首脳会議のため訪問したフィリピンで、ミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家最高顧問と約15分会談した。

【フィリピン】日本政府はマニラ首都圏の地下鉄とバイパス道路の整備に計1139億2900万円の円借款を供与する。

【インドネシア】日本政府はインドネシアのパティンバン新港の建設とガジャマダ大学産学連携施設の整備に計1272億1500万円の円借款を供与する。

【ベトナム】国際協力機構(JICA)はベトナム南部ドンナイ省の省都ビエンホア市の下水・排水処理施設整備に247億円の円借款を供与する。8月30日、ベトナム政府と貸付契約に調印した。

特集



新着PR情報