RSS

【PR】肥満が呼び起こす病気 ―バンコク病院―

2019年1月24日(木) 08時56分(タイ時間)
肥満が呼び起こす病気 ―バンコク病院―の画像
肥満が呼び起こす病気 ―バンコク病院―
肥満が呼び起こす病気

 現在、世界の3人に1人が肥満だといわれていることをご存知でしょうか。2017年の記録では22億人が肥満で、男性は3倍、女性は2倍増加しています。タイ国内の肥満者も男性4.7百万人、女性11.3百万人、合計16百万人にまで昇り、マレーシアに続きアジアで肥満が多い国第2位となってしまいました。

 肥満の主な原因は摂取カロリーが消費カロリーよりはるかに上回ることです。また、以下の習慣が肥満に繋がります。

* 炭水化物や糖分の多く含まれている食料・飲料の取りすぎ
(例:ベーカリー、スイーツ、スナック菓子、炭酸飲料、甘い飲み物、その他)
* 栄養の偏った食事
* ファーストフードの取り過ぎ、またはファーストフード依存症
* 運動不足
* リバウンドを引き起こす間違ったダイエット
* エネルギー代謝の悪さ
* その他

どこからが肥満?



 体重増加、むくんだ腕足、突き出た下腹、いくら食べても満腹感を得られない、いびきや睡眠時の無呼吸、これらの症状だけでは肥満と判定することはできません。肥満はBMI(ボディマス指数)と体脂肪率により断定され、この二つの数値が標準値より高い場合は肥満や合併病の恐れがあります。

(BMI計算はこちらをクリック!“BMI計算プログラム”

肥満が呼び起こす病気は?

 肥満は多数の合併病を来たし、症状がはっきり現れるものから自覚症状がなくとも長期的な健康を害するものまであります。

脂肪肝

 肥満の人が行いがちな暴食や過食は、肝臓に脂肪が蓄積する原因になります。肝臓内の脂肪がうまく分解されエネルギーとして使われないと、どんどん脂肪が蓄積され脂肪肝になる危険性があります。2割の肥満者が脂肪肝を患っているといわれています。

睡眠時無呼吸症候群

 肥満が原因で首周りに脂肪が沈着することで気道が狭くなり、睡眠中に気道が閉鎖され呼吸が停止してしまう恐れがあります。

心臓血管病

 肥満が心臓や血管の病気の直接な原因になることがよくみられます。肥満状態の人は体脂肪率やコレステロール値が高いため、動脈および血管の狭窄・塞栓の恐れがあります。また、血管の狭窄・塞栓で心臓へ送られる血液が減少するため、さまざまな心臓病にも繋がります。

逆流性食道炎

 肥満者は胃の圧力が高いため胃酸や消化中の食べ物が食道に逆流しやすく、逆流した胃酸が食道を傷つき炎症を起こしてしまいます。

尿失禁

 くしゃみや咳をする際に尿が思わず出てしまう尿失禁は、尿道や膀胱を支える骨盤筋の緩みが原因で起こる病気ですが、この骨盤筋が緩む原因の一つが肥満です。

生理不順

 肥満または体重が基準より重い女性は生理不順になることがあります。肥満者の蓄積した脂肪細胞が女性ホルモンのエストロゲンを過剰に作り、FSHホルモンやLHホルモンが分泌され生理不順の原因となります。

糖尿病

 肥満は糖尿病を引き起こす危険性はとても高いです。肥満になると血糖値を調節するインスリンの抵抗性ができしまい、耐糖能(血糖を処理する能力)障害で糖尿病になってしまいます。

変形性膝関節症

 肥満者は歩くや走る際より強い衝撃を膝関節に受ける上に、膝周りの脂肪細胞が膝の軟骨に擦り表面を傷つけてしまうため変形性膝関節症を引き起こすことがあります。

 肥満が引き起こす病気や疾患は他にもあります。これらの合併病は体重が減少するだけで改善されることが多いです。

 これらの病気は減量することで改善したり症状が和らいだりすることが多いですので、食事の栄養バランスや定期的な運動を心かげて健康な体重を維持しましょう。正しい食事や運動を心かげてもなお体重を減らすことはが困難な場合は専門科に御相談しながら、減量外科手術(bariatric surgery )など、最も御自身に適した減量方法を見つけることができます。

肥満やその合併症の予防法

 食事生活を見直し、食物繊維やビタミンを多く含む野菜や果物を多く取る。一日、8~10コップの水分を取るようにする。

* 煮る、蒸す、焼くで調理した料理を選び、揚げ物や炒め物を避ける。
* 糖分やアルコールの含まれている飲み物を避ける。
* 毎日最低30分の適切な運動を行う。体重がオーバーしている人は、ヨガや水泳など、間接に衝撃の少ない運動を選んで、怪我のないように気を付けましょう。
* 十分に質の良い睡眠を取る。
* 以上のことを心かけても体重を減らない場合は専門科に御相談して、減量外科手術(bariatric surgery )などの治療法を試して見ましょう。

Bangkok Hospital, Japan Medical Service(ジャパン・メディカルサービス)
Tel:0-2310-3257 Open:07:00~17:00 Fax:0-2755-1261
Email:jpn@bangkokhospital.com Website:www.bangkokhospital.com
《newsclip》


新着PR情報