RSS

丸紅、ベトナムで段ボール原紙製造

2019年1月24日(木) 19時16分(タイ時間)
【ベトナム】丸紅はベトナムに設立した全額出資子会社クラフト・オブ・アジア・ペーパーボード&パッケージングを通じ、同国で段ボール原紙製造・包装資材販売に乗り出す。

 南部のバリアブンタウ省フーミー3特別工業団地に工場を設立し、2020年度下期に稼働する予定。年産能力は2022年のフル操業時で35万トン。

 ベトナムの段ボール原紙需要は年率10%以上伸びており、2020年代前半には東南アジア諸国連合(ASEAN)最大の段ボール原紙消費国になると見込まれている。
《newsclip》

注目ニュース

【インドネシア】王子ホールディングス(東京都中央区)はインドネシアに設立する合弁会社を通じ、ジャカルタ市街中心部から東に約50キロの西ジャワ州ブカシ県に段ボール工場を建設し、2020年1月に生産を開始する...

【マレーシア】段ボール、印刷紙器、軟包装材などの製造販売を行うダイナパック(名古屋市)は17日、段ボール製品の製造販売を手がけるマレーシア企業グランド・フォーチュン・コーポレーションの全株式を取得す...

【カンボジア】王子ホールディングス(東京都中央区)は約30億円を投じ、プノンペン経済特別区に段ボール工場を建設する。敷地面積約6.2ヘクタール、生産能力は月約800万平方メートルで、2020年1月稼働の予定。

【ベトナム、マレーシア】王子ホールディングス(東京都中央区)は約60億円を投じ、ベトナムとマレーシアで段ボールの生産能力を増強する。

【マレーシア】王子ホールディングス(東京都中央区)はマレーシアのグループ会社GSペーパーボード&パッケージングに段ボール原紙の生産設備を増設する。年産45万トンで、2021年4月稼働の予定。投資額...

特集



新着PR情報