RSS

デンカ、シンガポールで球状アルミナ製造

2019年1月27日(日) 21時00分(タイ時間)
【シンガポール、日本】デンカ(東京都中央区)は自動車業界の電動化にともなう放熱材料の需要拡大に対応し、窒化珪素セラミックス基板と球状アルミナの生産能力を増強する。投資額は約80億円。

 福岡県の大牟田工場で窒化珪素セラミックス基板の前工程に最先端の自動化プロセスを導入し、生産能力を2018年度比で約3倍に拡大する。投資額約40億円で、2020年下期稼働の予定。

 また、約40億円を投じ、現在大牟田工場で製造している球状アルミナをシンガポール子会社のデンカ・アドバンテックで生産し、生産能力を約5倍に引き上げる。2021年上期稼働の予定。
《newsclip》

注目ニュース

【シンガポール】デンカ(東京都中央区)は健康・ライフサイエンス分野初の海外研究拠点「デンカ・ライフ・イノベーション・リサーチ」をシンガポール政府のバイオメディカルサイエンス研究拠点「バイオポリス」...

特集



新着PR情報