RSS

タイ東部の発電所、価格下落のパーム油を燃料に

2019年2月4日(月) 14時39分(タイ時間)
 の画像
 
写真提供、EGAT
 の画像
 
写真提供、EGAT
 の画像
 
写真提供、EGAT
【タイ】タイ発電公社(EGAT)は天然ガスが主燃料のバンパコン火力発電所(東部チャチュンサオ県)の一部をパーム油を燃料に使用できるよう改造し、2日、シリ・エネルギー相らが出席し、運転開始式典を行った。

 2月から7月にかけ、パーム油16万トンを発電燃料に使用する計画だ。国際価格の下落が続くパーム油を発電燃料として大量購入し、生産者を支援する。
《newsclip》

特集



新着PR情報