RSS

タイ石炭最大手バンプー、電気自動車のFOMMに2000万ドル出資

2019年2月4日(月) 15時42分(タイ時間)
【タイ】タイの石炭最大手バンプーは4日、電気自動車ベンチャーのFOMM(川崎市)が発行する新株を2000万ドルで引き受け、同社に21.5%出資すると発表した。

 FOMMは年内にタイの生産拠点で小型電気自動車の量産を開始する予定。これまでに四国電力、安川電機などを引受先とする第3者割当増資を実施した。
《newsclip》

注目ニュース

電気自動車FOMM、バンコクにショールームnewsclip

今年(2018年)のバンコクモーターショーで、初の商品となる『FOMM ONE』(ワン)の受注をスタートさせたFOMM。発売に向けてバンコク市内にショールームを開設したと聞きつけ、さっそく訪れてみた。

超小型EV、FOMM『ONE』を正式発表。キャンペーン価格は約60万バーツ…バンコクモーターショー2018newsclip

2018年3月、ジュネーブモーターショーで日本発のベンチャー「FOMM」が初公開していた4人乗りEV。その正式名称が「バンコク国際モーターショー2018」において正式に車名はFOMM『ONE』と決定し、販売価格はタイ国内...

電気自動車ベンチャーのFOMM、タイで工場賃借newsclip

【タイ】タイの工場倉庫賃貸大手タイコン・インダストリアル・コネクションは20日、電気自動車ベンチャーのFOMM(川崎市)と工場の賃貸契約を結んだと発表した。