RSS

タイ東北・北部で大気汚染悪化 コンケン市は「健康に悪影響」水準

2019年2月7日(木) 10時47分(タイ時間)
【タイ】タイ天然資源環境省公害管理局によると、タイ北部と東北部の一部で野焼きが原因とみられる大気汚染が悪化している。

 7日午前10時時点の空気質指数(AQI)は東北部コンケン県コンケン市で209と「健康に悪影響がある」とされる200を超えたほか、北部プレー県プレー市で195、ラムパン県ラムパン市で157、東北部ルーイ県ルーイ市で114と「健康への悪影響が始まる」とされる100を上回った。

 バンコク首都圏は17―54で、健康に影響がないとされる水準だった。
《newsclip》

注目ニュース

バンコクの大気汚染、大幅に改善 マラソン大会開催newsclip

【タイ】タイ天然資源環境省公害管理局によると、バンコク首都圏の大気汚染は週末にかけ大幅に改善した。4日正午時点のバンコク首都圏の空気質指数(AQI)は各観測地点で19―43で、いずれも健康に影響のない水準だ...

大気汚染対策の切り札? バンコク都庁、ドローンで空中散水newsclip

【タイ】バンコク都庁は31日、大気汚染対策として、スプレーを装着したドローン5機を飛行させ、空中から散水した。ドローンはアサウィン都知事らが見守る中、都庁前から離陸。十数分飛行し、1機あたり数リットル...

バンコクの大気汚染過去最悪レベルに 437校が臨時休校、日本人学校もnewsclip

【タイ】バンコク都庁は30日、大気汚染の悪化を受け、都立の学校437校を1月31日と2月1日、臨時休校すると発表した。

特集



新着PR情報