RSS

タイ東部サメット島沖でボート転覆、中国人男女がけが

2019年2月7日(木) 21時52分(タイ時間)
【タイ】タイのテレビ報道によると、7日午後2時半ごろ、タイ東部のサメット島沖で、乗客約20人、乗員3人が乗った旅客ボートが転覆し、乗客の中国人男女がけがをした。

 ボートは主に中国人旅行者を乗せ、サメット島から本土側の船着き場に向かっていた。地元警察が事故原因を調べている。

 タイでは旅客を乗せた船が転覆、沈没する事故が頻発している。昨年7月には南部プーケット島沖で観光船が沈没し、中国人の乗客47人が死亡した。
《newsclip》

注目ニュース

中国人47人死亡の沈没船、タイ・プーケット沖で引き揚げ成功newsclip

【タイ】今年7月5日にタイ南部プーケット島沖で沈没した観光船「フェニックス」が17日、シンガポールのサルベージ船によって海上に引き揚げられた。

【タイ】タイのテレビ報道によると、1日、タイ南部クラビ県のピーピー島で、ツアー客の中国人女性(39)がボートのスクリューに接触し、背中と足に大けがを負った。

【タイ】タイのテレビ報道によると、4日午後1時ごろ、タイ南部パンガー県のターチャイ島沖で、スキューバダイビング中の日本人女性(37)がダイビング船のスクリューに接触し、頭などを負傷して死亡した。警...

特集