RSS

旅客ターミナルでロシア人男性転落死 バンコク・スワンナプーム空港

2019年2月11日(月) 18時36分(タイ時間)
【タイ】タイのテレビ報道によると、11日未明、バンコク郊外のスワンナプーム空港で、ロシア人男性(44)が旅客ターミナルの4階から2階に転落し、全身を強く打ち死亡した。

 現場の防犯カメラには、男性がガラスのフェンスをよじ登り飛び降りる様子が写っていた。警察は男性が自殺を図ったとみて詳しい状況を調べている。

 スワンナプーム空港では飛び降り自殺とみられる転落事故が後を絶たない。昨年10月11日にはドイツ人男性が4階から2階付近のコンクリート製の梁に転落して死亡。同月18日にはブラジル人男性が3階から2階に転落し、足の骨を折るなどした。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タイのテレビ報道によると、18日未明、バンコク郊外のスワンナプーム空港で、ブラジル人の男性(31)が旅客ターミナルの3階から2階に転落し、足の骨を折るなどした。

【タイ】タイのテレビ報道によると、11日夜、バンコク郊外のスワンナプーム空港で、ドイツ人男性(51)が旅客ターミナルの4階から2階付近のコンクリート製の梁に転落し、搬送先の病院で死亡が確認された。

【タイ】タイのテレビ報道によると、29日午後5時ごろ、バンコク郊外のスワンナプーム空港で、フィリピン人男性(33)が旅客ターミナルの4階から2階に転落し、重傷を負って病院に搬送された。

バンコク空港で外国人男性転落死newsclip

【タイ】30日午前6時25分ごろ、バンコク郊外のスワンナプーム国際空港の旅客ターミナルで、外国人男性(32)が3階から4階に向かうエスカレーターから転落して1階の床に落ち、搬送先の病院で死亡した。

助走してフェンス飛び越え 独男性、バンコク空港で転落死newsclip

【タイ】12日午後5時ごろ、バンコク郊外のスワンナプーム国際空港の旅客ターミナルと駐車場ビルをつなぐ4階部分の通路からドイツ人男性(45)が転落し、地上の道路で全身を強く打ち、死亡した。



新着PR情報