RSS

タイ当局、タクシン派テレビ局を15日間放送停止

2019年2月12日(火) 17時02分(タイ時間)
【タイ】放送通信事業を管理監督するタイ放送通信委員会(NBTC)は12日、タクシン元首相派の地上デジタルテレビ局ボイスTVのニュース番組とトーク番組で国内の対立をあおる発言があったとして、同局の放送を13日から27日までの15日間停止すると発表した。

 ボイスTVはこれに反発し、NBTCに損害賠償を求める裁判を起こす方針。

 今回の処分については、3月24日に民政移管のための議会下院(定数500)総選挙が行われることから、タクシン派と対立する軍政が放送を停止させたという見方が出ている。NBTCはこうした見方を否定し、「中立な立場で判断を下した」と主張している。ボイスTVは過去にもNBTCから放送停止処分を受けていた。
《newsclip》

注目ニュース

タイ下院選始動、軍政とタクシン派激突newsclip

【タイ】軍事政権下のタイで8年ぶりに行われる議会下院(定数500)総選挙(3月24日投票)の立候補受付が8日に終了した。過去最多の81党、1万3921人が小選挙区350、比例代表150の議席を争う。

タイ政党支持率 タクシン派33%、軍政派24%newsclip

【タイ】タイ国立開発行政研究院(NIDA)が1月2―15日にタイ全国の18歳以上のタイ人を対象に実施した世論調査(回答者2500人)で、政党支持率1位は軍事政権と対立するタクシン元首相派の「プアタイ党」で32.7%だ...



新着PR情報