RSS

注意され逆ギレ 歩道走行のバイクが人はねる 

2019年2月17日(日) 22時12分(タイ時間)
【タイ】今月1日、バンコク都内のバス停で、歩道走行を注意されたバイクがUターンして注意したタイ人男性(55)を跳ね飛ばす事件があり、タイのネットユーザーらが運転者を処罰するよう求めている。

 現場を撮影した防犯カメラの映像には、男性2人が乗ったバイクが一方通行の車道を逆走するかたちで歩道を走行し、しばらくして戻ってくると、歩道にいた男性に正面から衝突して転倒させ、現場から走り去る様子が写っていた。バイクの2人はヘルメットを着用していなかった。

 この映像がインターネットの交流サイト(SNS)に投稿され、運転者を批判するコメントが殺到。所轄の警察署は13日になり、被害者の男性に、加害者が慰謝料として5000バーツを支払う用意があると連絡したが、被害者はこれを拒否し、刑事事件として処理するよう警察に求めた。

 バンコク首都圏ではバイクの歩道走行が横行。都庁は昨年、歩道走行の罰金を500バーツから1000バーツに引き上げるなど、取り締まりを強化している。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タイのテレビ報道によると、10日午後10時半ごろ、タイ南部プーケット島で、バイクが下り坂のカーブでセンターラインからはみ出し反対車線の旅客トラックに衝突し、このバイクに乗っていたロシア人男性2人...

【タイ】27日午後0時20分ごろ、タイ中部ナコンパトム県で、中学1年の13歳の少女3人が乗ったバイクがセンターラインをはみ出て、対向車線を走っていた大型トラックと正面衝突し、3人全員が死亡した。

【タイ】タイのテレビ報道によると、7日午後10時半ごろ、バンコク都内の高架鉄道BTSラチャダムリ駅前のラチャダムリ通りで、大型バイクがバンに衝突し、このバイクに乗っていたハンガリー人の男性2人(30、35)が...

バイクの歩道走行、罰金倍増1000バーツに バンコク都庁newsclip

【タイ】バンコク都庁は29日、バイクで歩道を走行した場合の罰金を従来の500バーツから1000バーツに引き上げた。歩道を走行するバイクが一向に減らないためで、防犯カメラも活用し、取り締まりを強化する。

【タイ】18日午前2時40分ごろ、バンコク都内のチャオプラヤ川にかかるメモリアル橋で、バイク2台と路線バス1台が関わる事故があり、大型バイクに乗っていた大学生の男性(19)と小型バイクに乗っていた男性(18)...



新着PR情報