RSS

タイの大気汚染 バンコクで大幅改善、北部で継続

2019年2月19日(火) 22時02分(タイ時間)
タイ北部での山火事の消火活動の画像
タイ北部での山火事の消火活動
写真提供、タイ陸軍PRセンター
タイ北部での山火事の消火活動の画像
タイ北部での山火事の消火活動
写真提供、タイ陸軍PRセンター
タイ北部での山火事の消火活動の画像
タイ北部での山火事の消火活動
写真提供、タイ陸軍PRセンター
タイ北部での山火事の消火活動の画像
タイ北部での山火事の消火活動
写真提供、タイ陸軍PRセンター
タイ北部での山火事の消火活動の画像
タイ北部での山火事の消火活動
写真提供、タイ陸軍PRセンター
【タイ】タイの大気汚染がバンコク首都圏で大幅に改善する一方、タイ北部で継続している。

 タイ天然資源環境省公害管理局によると、19日午後9時時点の空気質指数(AQI)はタイ北部チェンマイ県チェンマイ市で119、ラムプン県ラムプン市で137、パヤオ県パヤオ市で121、ターク県メーソード市で111と、「健康への悪影響が始まる」とされる100を超えた。

 バンコクは13―24と健康に影響がないとされる水準だった。

 タイ北部の大気汚染は野焼き、山火事が主因とみられ、当局は野焼きを行わない地元住民に呼びかけている。
《newsclip》

注目ニュース

マンション屋上から散水 バンコク都庁が大気汚染対策newsclip

【タイ】バンコク都庁は大気汚染対策として、不動産デベロッパー、LPNデベロップメントが手がけるバンコク都内のマンション150棟の屋上に散水設備を設置する計画だ。屋上から散水し、大気中の粉塵の削減を図る。

タイの大気汚染 バンコク首都圏で再び悪化 北部チェンマイもnewsclip

【タイ】2月に入り改善していたバンコクの大気汚染が13日になり再び悪化した。



新着PR情報