RSS

バンコク首都圏のマンション発売、18年13%増

2019年2月20日(水) 23時47分(タイ時間)
【タイ】タイ政府住宅銀行(GHB)不動産情報センター(REIC)によると、2018年にバンコク首都圏で新たに発売された住宅は前年比3.6%増の11万8271戸、金額ベースで10.3%増の5388億バーツだった。

 このうちマンションは7万3208戸、3210億バーツで、戸数で12.7%、金額ベースで15.2%増加した。

 GHBは2019年にバンコク首都圏で発売される住宅を11万2000戸と予想している。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】英不動産コンサルティング大手ナイトフランクによると、2018年にバンコクで発売された新築マンションは前年比11%増、過去10年で最多の約6万5000戸で、地域別では都心部が全体の18%、都心部周辺が33%、...

バンコク・ラムカムヘン駅近くに高層マンションnewsclip

【タイ】タイの不動産デベロッパー、プルクサー・リアルエステートがバンコク都内の高架鉄道エアポートレイルリンク・ラムカムヘン駅近くに建設した高層マンション「ザ・ツリー・スクムビット71・エカマイ」が完...

【タイ】西日本鉄道は同社が45%、タイの不動産デベロッパー、SCアセットが55%出資し設立する合弁会社を通じ、バンコクの地下鉄MRTパホンヨーティン駅近くで分譲マンションを開発する。

【タイ】米不動産仲介大手CBREは23日に発表したリポートで、バンコク首都圏の分譲マンション市場の不透明感が増していると分析した。



新着PR情報