RSS

日通、プノンペン経済特区に倉庫

2019年2月21日(木) 22時30分(タイ時間)
【カンボジア】日本通運はプノンペン経済特別区に倉庫を建設する。敷地面積4ヘクタール、延床面積6915平方メートルで、12月に開業する。

 プノンペン経済特区はプノンペン市内から18キロ、プノンペン国際空港から8キロに立地し、主要港であるシアヌークビル港につながる国道4号線に面している。日系企業を含め約90社が進出済み。
《newsclip》

注目ニュース

「ホテル・ニッコー・プノンペン」 2022年開業newsclip

【カンボジア】ホテルオークラのホテル運営子会社オークラニッコーホテルマネジメント(東京都品川区)はプノンペンでウラタ(千葉県浦安市)などが開発を進める大規模複合施設「ジャパン・トレード・センター(...

プノンペンに「ホテルエミオン」 スターツが自社施工・運営newsclip

【カンボジア】スターツコーポレーション(東京都中央区)が自社で施工、運営するホテルが1日、プノンペンで開業した。

【カンボジア】王子ホールディングス(東京都中央区)は約30億円を投じ、プノンペン経済特別区に段ボール工場を建設する。敷地面積約6.2ヘクタール、生産能力は月約800万平方メートルで、2020年1月稼働の予定。

【川崎大輔の流通大陸】カンボジア整備ビジネスの今newsclip

2018年7月の総選挙の話題が多いカンボジア。6月下旬に首都プノンペンを訪問し、現在のカンボジアの自動車整備マーケットの現状を見てきた。確かに多くの課題も残るが、魅力も大きい、それがカンボジアのマーケッ...

グンゼのスポーツクラブ・カンボジア2号店、プノンペンのイオンモールにnewsclip

【カンボジア】グンゼ(大阪市北区)の子会社でスポーツクラブを運営するグンゼスポーツ(兵庫県尼崎市)は11日、プノンペンの「イオンモール・センソックシティ」に海外2号店を出店する。延床面積2439平方メート...

プノンペンで高層ホテル開業、ローズウッドが運営newsclip

【カンボジア】中国の新世界中国地産傘下の米ホテル会社ローズウッド・ホテルズ&リゾーツは12日、プノンペンで高層ホテル「ローズウッド・プノンペン」を開業したと発表した。



新着PR情報