RSS

タイ航空 18年赤字5倍増、116億バーツ 経営再建不発

2019年3月4日(月) 10時54分(タイ時間)
【タイ】タイ国際航空は2018年の最終赤字が116.3億バーツで、前年の21.1億バーツの5倍以上に膨らんだ。燃油価格の上昇、減損損失などが影響した。

 売上高は前年比3.9%増の1995億バーツだった。

 旅客数は1%減の2432万人。搭乗率は77.6%(前年同期79.2%)だった。運航機数は3機増え103機。

 2018年末の資産総額は2687.2億バーツ、負債総額は2482.7億バーツだった。

 タイ航空はタイ財務省が株式の51%を保有する国営企業。政治家や官僚、軍、労組などの既得権益の巣となって放漫経営が続き、2013年に120.5億バーツ、2014年156.1億バーツ、2015年130.7億バーツの赤字を垂れ流した。政府が経営再建に乗り出し、2016年は収支がほぼとんとん、2017年は21.1億バーツの赤字だったが、2018年に再度赤字幅が拡大したことで、経営の先行きは不透明となっている。
《newsclip》

注目ニュース

エアアジア、タイ格安航空ノックエア買収かnewsclip

【タイ】マレーシアの格安航空大手エアアジアのタイ法人タイ・エアアジアのタイの持ち株会社アジア・エイビエーション(AAV)は25日、経営危機に陥っているタイの格安航空ノックエアラインズの株式取得を検討して...

【タイ】タイのテレビ報道によると、13日、ロンドン発バンコク行きのタイ国際航空TG917便ボーイング777-300型機が離陸の約30分後に貨物室ドアが開いていることを示す警告灯が点灯したため、ロンドンのヒースロー...

【タイ】タイ国際航空は13日、タイの格安航空ノックエアラインズが実施した株主割当増資を引き受けず、同社への出資比率が増資前の21.8%から15.9%に低下したと発表した。ノックエアは同日、株主割当増資で20.9...

【タイ】タイ国際航空は20日、17日の上海発バンコク行きTG665便が機材(A350-900型機)の不具合で運休した際の対応をインターネットの交流サイト(SNS)で批判されたことに対し、別便や食事、宿泊先の手配など国...

【タイ】タイ国際航空で運航の大幅な遅延が相次いでいる。

【タイ】タイ国際航空の機長が、乗客として搭乗した同僚にファースクラスの座席を用意させるため、一般の乗客にビジネスクラスに移ることを強要し、しかも、この騒ぎで離陸が2時間以上遅れたことが明らかになった。

【タイ】8日午後10時48分ごろ、バンコク郊外のスワンナプーム空港に着陸したタイ国際航空TG679便広州発バンコク行きボーイング747-400型機が滑走路を外れて停止する事故があった。搭乗していた乗客97人、乗員18人...

【タイ】タイ字紙カオソッド(電子版)によると、25日、バンコクのスワンナプーム空港を出発したタイ国際航空TG676便成田行きのA380型機が、翼の温度が上昇したという異常表示を受け、スワンナプーム空港に引き返...

【タイ】タイのテレビ報道によると、12日午後、バンコク郊外のスワンナプーム国際空港から離陸したタイ国際航空のニューデリー行きTG315便が油圧系統のトラブルでスワンナプーム空港に引き返し、着陸した。乗客、...

【タイ】8月31日の札幌発バンコク行きタイ国際航空TG671便の乗客が機内にいたゴキブリの写真をインターネットの交流サイトに投稿したことについて、タイ航空は4日、ゴキブリがいたことを認め、謝罪した。

【タイ】タイ国際航空の社長にタイ国営不動産管理会社タナラック・アセット・デベロップメント前社長のスメート・ダムロンチャイタム氏が1日付で就任した。2017年2月に退任したジャラムポン前社長の後任。3日の取...

【バングラデシュ】24日午後0時10分ごろ、ダッカのシャージャラル国際空港で、タイ国際航空のバンコク発ダッカ行きTG321便ボーイング777-200型機が着陸した際にパンクした。乗客172人、乗員14人にけがはなかった。

【タイ】今月11日、バンコク発のタイ国際航空TG660便ボーイング747-400型機が羽田空港に着陸する際、地上に接近しすぎて警報が作動したため、上昇して着陸をやり直すトラブルがあった。乗客、乗員384人にけが人は...



新着PR情報