RSS

大日本住友製薬、シンガポールに地域統括会社

2019年3月6日(水) 20時15分(タイ時間)
【シンガポール、タイ】大日本住友製薬(大阪市)は4月にシンガポールの100%子会社サノビオン・アジア・パシフィックの社名を「スミトモ・ファーマシューティカル・アジア」に変更し、東南アジア地域の統括会社として機能を強化する。

 また、同社のタイ子会社で、タイで医療用医薬品の情報提供・収集を行うスミトモ・ファーマシューティカル(タイランド)を1月に設立した。
《newsclip》

特集



新着PR情報