RSS

タクシン派政党、7日に解党処分か 在タイ日本大使館が注意

2019年3月6日(水) 20時19分(タイ時間)
【タイ】在タイ日本大使館によると、7日午後、バンコク都内の憲法裁判所で、タクシン元首相派の政党、タイラクサーチャート党の解党に関する協議が行われ、午後3時ごろに結果が発表される。

 現場には同党の支持者が集まり、警備の警官隊も動員される見通し。

 大使館は「不測の事態が発生し、周辺にいる人が巻き込まれる可能性も否定できない」として、注意を呼びかけた。

 タイラクサーチャート党は3月24日の議会下院(定数500)総選挙の党の首相候補として、2月8日、ワチラロンコン国王(66)の姉のウボンラット王女(67)を擁立した。同日夜、国王が王女の政治関与を禁じる声明を出したため、擁立を撤回したが、立憲君主制に敵対する行動を禁じた政党法に違反するとして、選挙委員会が同党の解党を憲法裁に申し立てた。
《newsclip》

注目ニュース

タイ政党支持率 タクシン派プアタイ36.5%、軍政派パランプラチャーラット22.6%newsclip

【タイ】タイ国立開発行政研究院(NIDA)が18歳以上のタイ人有権者を対象に4―7日に実施した3月24日投票の議会下院(定数500)総選挙に関する世論調査(回答者2091人)で、政党支持率1位はタイ軍事政権と対立する...



新着PR情報