RSS

留学ジャーナル、2019年版「海外語学学校ランキング」発表

2019年3月11日(月) 23時02分(タイ時間)
「Japan Best School Awards 2019」第1位:ウィンブルドン スクール オブ イングリッシュの画像
「Japan Best School Awards 2019」第1位:ウィンブルドン スクール オブ イングリッシュ
画像出典:留学ジャーナル
過去10年間総合ランキング第1位(ベスト・オブ・ザ・ベスト):グローバル ビレッジ イングリッシュ センターズ、バンクーバー校の画像
過去10年間総合ランキング第1位(ベスト・オブ・ザ・ベスト):グローバル ビレッジ イングリッシュ センターズ、バンクーバー校
画像出典:留学ジャーナル
2019年語学学校ランキングの画像
2019年語学学校ランキング
 留学ジャーナルは2019年3月8日、日本人留学生約500名の評価をもとに集計した2019年版の海外語学学校ランキング「Japan Best School Awards 2019」をWebサイトに掲載した。ランキングは、留学情報誌「留学ジャーナル2019年5月号」(3月10日発行)でも閲覧できる。

 「Japan Best School Awards」は、留学ジャーナルが日本人留学生に「学校スタッフ」「滞在先」「学校の施設」「授業の質」「環境」の項目ごとに5点満点で評価してもらい、総合平均点が高い順にランク付けしたもの。2019年版の回収期間は2018年1月から12月、総回収数は約500名。調査エリアは世界11か国。

 総合ランキング第1位は、「ウィンブルドン スクール オブ イングリッシュ(イギリス)」。「滞在先」「授業の質」「環境」の3項目で平均点が5点満点と優れた評価を得ており、総合平均点は4.800点だった。ロンドンの高級住宅地に建つ歴史ある学校で、世界40か国から集まった多くの留学生たちと交流できるという。

 ついで、第2位「ナビタス イングリッシュ、マンリービーチ校(オーストラリア)」4.750点、第3位「カプラン インターナショナル イングリッシュ、バンクーバー校(カナダ)」「インパクト イングリッシュ カレッジ、メルボルン校(オーストラリア)」各4.600点という結果だった。ポンド安の影響でイギリスの語学学校の人気が高く、2校が上位10位にランクインしている。

 また、アワード創設10周年を記念し、10年を通して総合的に評価が高かった学校を選出した「ベスト・オブ・ザ・ベスト」も合わせて発表。調査方法・調査エリアは「Japan Best School Awards 2019」と同様。回収期間は2009年1月から2018年12月、総回収数は約5,000名。

 過去10年を通して総合評価が高かった学校は、第1位(ベスト・オブ・ザ・ベスト)が「グローバル ビレッジ イングリッシュ センターズ、バンクーバー校(カナダ)」4.3096点だった。クラス人数が最大15名までの少人数制で、質の高い授業内容のほか、アットホームな雰囲気と生徒への手厚いサポートが長年評価され続けているという。

 ついで、第2位「コンバース インターナショナル スクール オブ ランゲージ、サンディエゴ校(アメリカ)」4.2953点、第3位「ユニバーサル イングリッシュ カレッジ(オーストラリア)」4.2912点、第4位「インターナショナル ランゲージ アカデミー オブ カナダ、トロント校(カナダ)」4.2727点、第5位「ドミニオン イングリッシュ スクールズ、オークランド校(ニュージーランド)」4.2542点という結果だった。

 「Japan Best School Awards 2019」「ベスト・オブ・ザ・ベスト」は、留学ジャーナル特設サイトおよび留学情報誌「留学ジャーナル5月号」(3月10日発行)誌面に掲載。特設サイトでは、「学校スタッフ」「滞在先」「学校の施設」「環境」「授業の質」の項目別ランキングや、ランキング上位校のスタッフや現地留学生のコメントも閲覧できる。

◆Japan Best School Awards 2019
第1位「ウィンブルドン スクール オブ イングリッシュ(イギリス)」4.800点
第2位「ナビタス イングリッシュ、マンリービーチ校(オーストラリア)」4.750点
第3位「カプラン インターナショナル イングリッシュ、バンクーバー校(カナダ)」4.600点
第3位「インパクト イングリッシュ カレッジ、メルボルン校(オーストラリア)」4.600点
第5位「ケアンズ ランゲージ センター ユーロセンター、ケアンズ校(オーストラリア)」4.533点
第5位「ユーロセンター、ケンブリッジ校(イギリス)」4.533点
第5位「バンウエストカレッジ、バンクーバー校(カナダ)」4.533点
第8位「グローバル ビレッジ イングリッシュ センターズ、バンクーバー校(カナダ)」4.511点
第9位「GLS キャンパス ベルリン(ドイツ)」4.467点
第10位「グローバル ビレッジ イングリッシュ センターズ、ビクトリア校(カナダ)」4.400点
第10位「セント ジャイルズ、ロンドン セントラル校(イギリス)」4.400点

◆過去10年を通して総合評価が高かった学校ベスト10
第1位(ベスト・オブ・ザ・ベスト)「グローバル ビレッジ イングリッシュ センターズ、バンクーバー校(カナダ)」4.3096点
第2位「コンバース インターナショナル スクール オブ ランゲージ、サンディエゴ校(アメリカ)」4.2953点
第3位「ユニバーサル イングリッシュ カレッジ(オーストラリア)」4.2912点
第4位「インターナショナル ランゲージ アカデミー オブ カナダ、トロント校(カナダ)」4.2727点
第5位「ドミニオン イングリッシュ スクールズ、オークランド校(ニュージーランド)」4.2542点
第6位「シャフストン インターナショナル カレッジ、ブリスベン校(オーストラリア)」4.2525点
第7位「インターナショナル ランゲージ アカデミー オブ カナダ、バンクーバー校(カナダ)」4.2438点
第8位「インターナショナル ハウス、バンクーバー校(カナダ)」4.1689点
第9位「ILSC バンクーバー校(カナダ)」4.1687点
第10位「イングリッシュ ランゲージ センター、ロサンゼルス校(アメリカ)」4.0704点
《桑田あや@リセマム》


新着PR情報