RSS

成長率見通し3.8% タイ中銀が下方修正

2019年3月20日(水) 19時12分(タイ時間)
【タイ】タイ中央銀行は20日の金融政策委員会(MPC)会合で、2019年のタイの国内総生産(GDP)成長率見通しを昨年12月時点の4%から3.8%に引き下げた。

 政策金利(翌日物レポ金利)は年1.75%で据え置いた。

 米中の保護主義の高まりと世界的な景気減速で外需が弱まると予想。国内外の不透明な情勢を受け、金利据え置きが妥当と判断した。
《newsclip》

特集