RSS

バンコク郊外で下水道に転落、14時間後に救出

2019年3月24日(日) 17時39分(タイ時間)
【タイ】タイのテレビ報道によると、バンコク郊外で教員のタイ人男性(60)が地下下水道に転落し、約14時間後に救出された。

 男性は21日午後6時ごろ、自宅近くの道路を歩いていた際に、足下の下水溝のフタが外れて下水道に転落し、意識を失った。しばらくして意識を回復したが、あたりは暗く、出口は見つからなかった。汚水に半分浸かり、蚊の大群に襲われながら、助けを求め、22日朝、現場上の食堂の店主が下水道のフタの隙間から聞こえた男性の声に気づき、警察に通報した。

 ボランティア救急団体の職員らが下水溝のフタを持ち上げて、汚水で真っ黒になった男性を救出した。男性は衰弱して意識が混濁した状態で、病院に搬送された。
《newsclip》

特集



新着PR情報