RSS

シボレー キャプティバ 新型がアジアデビュー、ベースは宝駿 530…バンコクモーターショー2019

2019年3月28日(木) 00時31分(タイ時間)
2019年末に発売を予定する新型「キャプティバ」がタイでデビューしたの画像
2019年末に発売を予定する新型「キャプティバ」がタイでデビューした
「宝駿530」をベースにバッジをシボレーとした新型「キャプティバ」の画像
「宝駿530」をベースにバッジをシボレーとした新型「キャプティバ」
新型「キャプティバ」は2018年11月、コロンビアで開催されたボゴタ2018モーターショーでデビュー。アジアでは初披露となるの画像
新型「キャプティバ」は2018年11月、コロンビアで開催されたボゴタ2018モーターショーでデビュー。アジアでは初披露となる
フロント周りはC字型フォグランプベゼル付きの大型バンパーとLEDヘッドライトを組み合わせたの画像
フロント周りはC字型フォグランプベゼル付きの大型バンパーとLEDヘッドライトを組み合わせた
アメリカンな雰囲気を演出する中、新型「キャプティバ」はデビューしたの画像
アメリカンな雰囲気を演出する中、新型「キャプティバ」はデビューした
新型「キャプティバ」のプレスカンファレンスの画像
新型「キャプティバ」のプレスカンファレンス
2018年8月に開催されたジャカルタモーターショー2018で登場した「宝駿530」。エンブレム以外新型キャプティバとの違いを見つけるのが難しいほどの画像
2018年8月に開催されたジャカルタモーターショー2018で登場した「宝駿530」。エンブレム以外新型キャプティバとの違いを見つけるのが難しいほど
「宝駿530」に搭載された1.5Lターボエンジンの画像
「宝駿530」に搭載された1.5Lターボエンジン
「宝駿530」の車内。新型「キャプティバ」もほぼこれを踏襲するものと見られるの画像
「宝駿530」の車内。新型「キャプティバ」もほぼこれを踏襲するものと見られる
バンコクモーターショー2019でデビューした新型「キャプティバ」の画像
バンコクモーターショー2019でデビューした新型「キャプティバ」
シボレー・タイランドはバンコクモーターショー2019において、新型『キャプティバ』(Chevrolet Captiva)を発表した。価格は100万バーツ以下で始まるとされ、このクラスとしては異例の高コストパフォーマンスを実現。2019年後半にもタイ国内で発売される予定になっている。

このモデルは2018年11月、南米のコロンビア共和国で開催されたボゴタモーターショー2018でデビューしているが、コロンビアでも発売は2019年とされ、ほぼ同スケジュールで進行しているものと見られる。

注目はベース車が、中国の上汽通用五菱汽車自動車(SGMW)が開発した宝駿『530』であることだ。宝駿530は昨年8月のジャカルタモーターショー2018でも披露されており、それをシボレーのバッジに張り替えたモデルとなる。

上汽通用五菱汽車自動車は、2002年にゼネラルモーターズ(GM)と上海汽車
(SAIC)、五菱集団(現:広西汽車集団)の3社による合弁会社として設立。その後、2018年までキャプティバを生産していた韓国GMに代わって同社が生産を引き継ぐことになった。

タイで発表された資料によれば、新型キャプティバは5人乗りと7人乗りの2タイプをがラインナップ。フロント周りはC字型フォグランプベゼル付きの大型バンパーとLEDヘッドライトを組み合わせたスタイリッシュなデザイン。パノラマサンルーフの他、スマートテクノロジーに基づく最先端のマルチメディアシステムが搭載されているとする。

これ以外の詳細なスペックは一切なかったが、コロンビアで発表されたキャプティバは「宝駿530」とほぼ同スペック。タイで販売される新型キャプティバもこのスペックを踏襲するものと見られる。そのデータを参考にすると、全長は4655 mmでパワーユニットは147馬力を生み出す1.5リットルターボエンジンだけが用意される見込みだ。

プレスカンファレンスで、同社は「シボレー・タイランドは3年連続で成長を続けた結果、36%もの伸びにつながっており、新型キャプティバの登場はこの成長を維持するのに大きく貢献するだろう」と話した。また、この日のプレスカンファレンスでは、シボレーがピックアップトラックとSUVで築き上げてきた80年にわたる歴史を紹介。この分野で先駆けてきた実績を強調した。
《会田肇@レスポンス》

特集

GM



新着PR情報