RSS

タイ下院選投票率75% 新党躍進、2大政党大敗

2019年3月29日(金) 01時18分(タイ時間)
新未来党のタナートン党首の画像
新未来党のタナートン党首
写真提供、新未来党(Future Forward Party)
新未来党のタナートン党首の画像
新未来党のタナートン党首
写真提供、新未来党(Future Forward Party)
新未来党のタナートン党首の画像
新未来党のタナートン党首
写真提供、新未来党(Future Forward Party)
新未来党のタナートン党首の画像
新未来党のタナートン党首
写真提供、新未来党(Future Forward Party)
【タイ】タイ選挙委員会は24日投票の議会下院(定数500)選挙の各党の暫定得票数を28日、発表した。投票率は74.7%、投票者数3826万8375人だった。

 今後、選挙違反が認定された選挙区で再選挙を行い、公式な選挙結果の発表はワチラロンコン国王の戴冠式後の5月9日になる見通しだ。

 27日に連立政権樹立で合意したタクシン元首相派のプアタイ党、反軍事政権の新党、新未来党など民主派6党の議席数は大手のメディアの推計で247―248となった。27日の記者発表に同席しなかったものの連立に加わると約束したという新経済党の6議席を加えると、過半数をわずかに上回る。

 首相指名選挙では、軍政が議員を事実上選任する議会上院(定数250)が下院とともに投票するため、プラユット首相(元陸軍司令官)の続投を目指す軍政派・反タクシン派の新党、パランプラチャーラット党陣営有利の状況に変わりはない。ただ、第2次プラユット政権が誕生しても、下院で法案を通すのは困難で、政権運営は早々に行き詰まると予想される。

■軍政派新党が得票数1位、議席最多はタクシン派

 選挙委によると、暫定得票数1位はパランプラチャーラット党で843万3137票だった。支持層が重なる民主党から票を奪い、プアタイ党の低迷もあり、得票数1位となった。しかし、小選挙区で勝ちきれず、議席数は2位の118議席と選挙前の予想の範囲内にとどまる見通しだ。

 2位のプアタイ党は得票数が792万630票で、前回2011年の下院選の約1575万票からほぼ半減した。議席数は137と1位の見通しだが、予想を大きく下回り、タクシン元首相の影響力低下は避けられない見通しだ。

 得票数3位は新未来党で626万5950票。40歳で清新なイメージのタナートン党首が軍との対決姿勢を打ち出し、87―88議席を獲得したとみられる。反軍政票がプアタイ党から流れたほか、若年層の支持を集めたもようだ。ただ、同党はプアタイ党同様、選挙関連法違反で憲法裁判所により解党される恐れがある。

 得票数4位は1946年設立のタイで最も古い政党、民主党で394万7726票。推定議席数は55。民主党は得票数が前回下院選の約1144万票のほぼ3分の1に激減した。アピシット党首(元首相)が民政復帰を訴えるものの党の支持層は軍政支持という股裂き状態で選挙戦に突入。プラユット首相の続投不支持、パランプラチャーラット党との連立は否定せず、というあいまいな方針を打ち出し、支持層に見放された。

 5位は2008年にタクシン派政党から分離し反タクシン派陣営に寝返ったプームジャイタイ党で373万2883票。推定議席数51―52。東北部ブリラム県のネーウィン元首相府相ら地方に強い地盤を持つベテラン政治家が多く、プアタイ党に似た政策を掲げ、選挙区密着の選挙戦を展開した。予想を上回る議席を獲得し、パランプラチャーラット陣営、プアタイ陣営の間でキャスティングボートを握ったとみられる。
《newsclip》

注目ニュース

暗躍するタクシン政権元閣僚 タイ軍政派、中間派にもnewsclip

【タイ】復権を図るタクシン元首相派とタクシン派抹殺を目指す軍政派が激しく衝突した24日の議会下院選挙。しかし内幕をみると、軍政派も選挙の指揮をとったのはタクシン政権(2001―2006年)の元閣僚だった。

タイ下院選 民主派6党が連立政権宣言、実現は不透明  newsclip

【タイ】24日に実施された2011年以来初の議会下院(定数500)選挙を受け、タクシン元首相派のプアタイ党、新党の新未来党などプラユット軍事政権と対立する民主派6党は27日、バンコク都内で記者会見を開き、欠席...

【タイ】タイのプラユット軍事政権は今月24日、2011年以来初めての議会下院選挙を実施した。民主化を求める国内外の圧力に屈したかたちだが、事前の予想に反し、プラユット首相の続投を目指す軍政派の新党、パラ...



新着PR情報