RSS

豊田通商、ジャカルタ東郊のサービスアパートで第3期開発

2019年3月31日(日) 22時30分(タイ時間)
【インドネシア】豊田通商は3月28日、ジャカルタ東郊のチカランでサービスアパート「AXIA(アクシア)」の第3期開発を行うと発表した。新たに開発運営会社「トヨタツウショウ・リアルエステート・チカラン」(資本金9100億ルピア=約71億4200万円)を現地で設立した。
《newsclip》

注目ニュース

【インドネシア】インドネシア初の地下鉄を含むジャカルタ都市高速鉄道(MRT南北線)の開業式典が24日、ジャカルタで開催され、25日から運行が始まった。

【インドネシア、日本】ガルーダ・インドネシア航空は23日、ジャカルタと名古屋(中部国際空港)を結ぶ直行便の運航を開始した。

大気汚染、東南アジア最悪はジャカルタnewsclip

【アジア】大気汚染を監視するエアビジュアルと環境保護団体グリーンピースがまとめたリポートで、2018年に大気汚染が最もひどかった首都はニューデリーだった。

【インドネシア】千房ホールディングス(大阪市浪速区)が展開するお好み焼き店「千房」のインドネシア1号店が1月27日、ジャカルタ市内のショッピングセンター「ガンダリアシティモール」1階で開業した。

【インドネシア】トヨタホーム(名古屋市)はインドネシアの不動産開発会社スマレコンと提携し、ジャカルタ東郊の西ジャワ州カラワン県で戸建て分譲住宅を開発する。

パナソニックと双日、ジャカルタ郊外で分譲住宅newsclip

【インドネシア】パナソニックと双日がインドネシアに設立した合弁会社パナホームデルタマスインドネシアはジャカルタ東郊ブカシ県のデルタマス・シティ(住宅、商業施設、工業団地の総合都市)で分譲住宅プロジ...

東京建物、ジャカルタで分譲マンション・オフィス開発newsclip

【インドネシア】東京建物(東京都中央区)はジャカルタで2件の不動産開発事業に参画する。東京建物の東南アジア進出はシンガポール、ミャンマー、タイに続く4カ国目。