RSS

バンコクの路線バス、キャッシュレス化に再チャレンジ

2019年4月4日(木) 13時01分(タイ時間)
 の画像
 
写真提供、BMTA
 の画像
 
写真提供、BMTA
【タイ】バンコク首都圏で路線バスを運行するバンコク大量輸送公社(BMTA)は路線番号510(ランシット―戦勝記念塔)のエアコンバス全車両にQRコードや非接触対応クレジットカード、乗車カードに対応した読取機を設置し、今月9日から2カ月間試験運用する。

 産業高度化を目指すタイ軍事政権の経済政策「タイランド4.0」の一環。タイ国営クルンタイ銀行と提携し、バス運賃のキャッシュレス化に取り組む。

 BMTAは2017年にタイの特殊車メーカー、チョータウィー・ドーンラシアンと期間5年、総額16.7億バーツの契約を結び、全車両約2600台に乗車カード読取機を設置する取り組みを開始した。しかし、計画は機能せず、先月21日、契約違反を理由にチョータウィーに契約破棄を通告した。
《newsclip》

注目ニュース

バンコクの路線バスに乗車カード、タイ首相が試乗newsclip

【タイ】プラユット首相は17日、バンコクのタイ首相府で、乗車カード読取機と衛星利用測位システム(GPS)を装備したバンコク大量輸送公社(BMTA)の路線バスに試乗した。

特集



新着PR情報