RSS

BMW X3 と X4 新型、最強「M」は510馬力…上海モーターショー2019で発表へ

2019年4月5日(金) 16時54分(タイ時間)
BMW X3M コンペティション(左)とBMW X4M コンペティション(右)の画像
BMW X3M コンペティション(左)とBMW X4M コンペティション(右)
BMW X4M コンペティション(左)とBMW X3M コンペティション(右)の画像
BMW X4M コンペティション(左)とBMW X3M コンペティション(右)
BMW X3M コンペティションの画像
BMW X3M コンペティション
BMW X3M コンペティションの画像
BMW X3M コンペティション
BMW X3M コンペティションの画像
BMW X3M コンペティション
BMW X3M コンペティションの画像
BMW X3M コンペティション
BMW X3M コンペティションの画像
BMW X3M コンペティション
BMW X4M コンペティションの画像
BMW X4M コンペティション
BMW X4M コンペティションの画像
BMW X4M コンペティション
BMW X4M コンペティションの画像
BMW X4M コンペティション
BMW X4M コンペティションの画像
BMW X4M コンペティション
BMW X4M コンペティションの画像
BMW X4M コンペティション
BMW X4M コンペティションの画像
BMW X4M コンペティション
BMW X4M コンペティションの画像
BMW X4M コンペティション
BMW X3M コンペティションの画像
BMW X3M コンペティション
BMW X3M コンペティションの画像
BMW X3M コンペティション
BMW X3M コンペティションの画像
BMW X3M コンペティション
BMW X4M コンペティションの画像
BMW X4M コンペティション
BMW X4M コンペティションの画像
BMW X4M コンペティション
BMW X4M コンペティションの画像
BMW X4M コンペティション
BMW X4M コンペティションの画像
BMW X4M コンペティション
BMW X4M コンペティションの画像
BMW X4M コンペティション
BMW X4M コンペティションの画像
BMW X4M コンペティション
BMWは4月2日、中国で4月16日に開幕する上海モーターショー2019において、『X3M』(BMW X3M)と『X4M』(BMW X4M)をワールドプレミアすると発表した。

両車は、BMWの主力SUVの新型『X3』とSUVクーペの新型『X4』をベースに、『M3セダン』や『M5』などの開発と生産を行うBMW M社が手がけた高性能モデルだ。「Mパフォーマンス」仕様の「M40i」グレードを除けば、X3とX4に「M」が設定されるのは、今回が初めてとなる。

◆Mモデルらしい専用装備を内外装に盛り込む

エクステリアは、大きな開口部を持つ専用フロントバンパーを採用する。これは、エンジンやトランスミッション、ブレーキの冷却性向上に配慮したもの。4本のエグゾーストを組み込んだリアバンパーも、Mモデルらしい専用装備だ。フロント、サイド、リアのデザインは、エアロダイナミクス性能の向上を追求したものとなる。

『X3Mコンペティション』と『X4Mコンペティション』では、キドニーグリルがブラック仕上げとなる。前後バンパーとサイドスカートは、フルカラー仕上げ。ボディカラーは、トロントレッドメタリックとドニントングレイメタリックなど、全7色を用意する。

タイヤサイズは、フロントが255/45ZR20、リアが265/45ZR20。X3MコンペティションとX4Mコンペティションでは、フロントが255/40ZR21、リアが265/40ZR21と、1インチ大きくなる。

インテリアは、Mスタイルのコックピットデザインをはじめ、フルメリノレザーのMスポーツシートを装備する。シート上部にはMロゴをエンボス加工。フロントシートは電動調整で、運転席と助手席にはランバーサポートが付く。カーボンファイバーのインテリアトリムや、ミッドランドベージュのアルカンターラ仕様も選択できる。

◆3.0リットル直6ツインターボ搭載。最大出力は480hpと510hpの2仕様

エンジンに関しては、Mの「ツインパワー」ターボテクノロジーと高回転特性を備えた新開発の3.0リットルストレート6エンジンを搭載する。この直列6気筒ガソリンツインターボエンジンは、最大出力480hp/6250rpm、最大トルク61.2kgm/2600~5600rpmを発生する。

シリンダーヘッドは、3Dプリント技術を導入して生産された。3Dプリント技術の導入により、従来の金属鋳造技術では困難な幾何学的な形状を作り出すことを可能にする。また3Dプリント技術により、シリンダーヘッドの重量が低減され、クーラントダクトを、温度管理を最適化する位置に配置することが可能になったという。

トランスミッションは8速「ステップトロニック」。4WDシステムの「xDrive」にも、Mがチューニングを実施した。これは、新型M5で初めて導入されたテクノロジーだ。X3MとX4Mでは、4輪が常に最高のパフォーマンスを発揮するよう、エンジンパワーを伝達するインテリジェントな4WDシステムとなる。動力性能は、0~100km/h加速が4.2秒、最高速が250km/h(リミッター作動)。オプションの「Mドライバーズパッケージ」では、リミッターが解除でき、最高速は280km/hに到達する。

◆「コンペティション」仕様は510hp。0~100km/h加速は4.1秒、最高速はリミッター解除で285km/hに

さらなる高性能を求める顧客には、X3Mコンペティション、X4Mコンペティションを用意する。3.0リットル直列6気筒ガソリンツインターボエンジンは、最大出力が30hp強化され、510hp/6250rpmを獲得する。最大トルクは61.2kgmと変わらないが、2600~5950rpmと高回転側のより幅広い領域で引き出される。

トランスミッションは8速ステップトロニックで、駆動方式は4WDのxDrive。X3MコンペティションとX4Mコンペティションは、0~100km/h加速が4.1秒と標準モデルよりも0.1秒速い。最高速は250km/h(リミッター作動)。オプションのMドライバーズパッケージでは、リミッターが解除され、最高速は285km/hに到達する。
《森脇稔@レスポンス》


新着PR情報