RSS

トヨタ紡織、中国で企画・開発・製造した製品を出展へ…上海モーターショー2019

2019年4月10日(水) 12時21分(タイ時間)
上海モーターショー2019のトヨタ紡織ブースイメージの画像
上海モーターショー2019のトヨタ紡織ブースイメージ
トヨタ紡織は4月8日、4月16日から25日に開催される「第18回上海国際モーターショー」に出展すると発表した。

5回目の出展となる今回は、「QUALITY OF TIME AND SPACE」をテーマに、自動運転や次世代自動車へ対応する技術・製品、中国で開発・生産するシートなどを紹介する。

自動運転技術では乗員の生体情報を検知し、眠気や感情を推定する技術を搭載したシートや、完全自動運転を想定した車室空間モデルを展示する。次世代自動車対応では、ハイブリッドシステム用モーターコアや、トヨタの燃料電池車「MIRAI」に搭載された燃料電池関連部品、内装品を紹介する。

また、中国地域で企画から開発、生産までを手掛けたトヨタの「レビン」特別仕様車のシート・ドアトリム/プラド特別仕様車のシートを初出展する。環境に配慮した製品としては従来のケナフ基材に発泡技術を活用してさらに軽量化し、レクサス「LS」に搭載されたドアトリム基材、高効率・高性能のフィルター製品などを展示する。
《レスポンス編集部@レスポンス》


新着PR情報