RSS

デンソー、車載ディスプレイや電動化技術を出展予定…上海モーターショー2019

2019年4月12日(金) 11時00分(タイ時間)
上海モーターショー2019のデンソーブース(イメージ)の画像
上海モーターショー2019のデンソーブース(イメージ)
デンソーは、4月16日から25日まで中国で開催される上海モーターショー2019に出展し、「安心」と「環境」の側面から、各種開発製品やサービスを展示する。

「電動化」「先進安全/自動運転」「コネクティッド」に注力しているデンソーは今回、中国における社会課題の解決に貢献し、社会に新しい価値を提供する各種開発製品やサービスを展示する。

「安心」を実現するための技術では、交通事故削減に貢献する車載技術として、通信端末のほか、画像認識アルゴリズムや視線検知技術を生かした「ドライバー ステータス モニター」、ドライバーの視点移動を抑える「ヘッドアップディスプレイ」、俯瞰と視距離に応じた情報提示が可能な「Double Arc OLED Display」を展示する。

「環境」を守る技術では、電子部品、回転電機領域を磨き上げ続けている同社の専門性・強みを生かし、電動化車両(ハイブリッド車、電気自動車)を実現するコア技術開発として、「高効率なエネルギーの回生技術」「半導体の集積化と高性能冷却を生かした電駆動技術」「エンジン性能を最大限に引き出す燃焼・排ガス浄化技術」によって小型化や高性能化を実現した主要製品を紹介する。

また、これらをARによって分かりやすく伝えるモックカーを展示し、それぞれの製品の取り付け位置や、関連性を視覚的かつ効果的に訴求する。
《丹羽圭@DAYS@レスポンス》

特集



新着PR情報