RSS

アイシングループ、電動化や自動運転等の関連技術を出展予定…上海モーターショー2019

2019年4月12日(金) 12時00分(タイ時間)
上海モーターショーのアイシングループ ブースイメージの画像
上海モーターショーのアイシングループ ブースイメージ
アイシングループは、4月16日に中国で開幕する上海モーターショー2019に出展する。

今回は、クルマの電動化に対応した製品として、効率的な熱マネジメントによって燃費向上に貢献する「エンジン冷却用電動ウォーターポンプ」や、車種やニーズに合わせた2種類の「回生協調ブレーキシステム」(バイワイヤタイプとESCタイプ)などを紹介する。

また、自動運転に関連する技術として、「アクティブリアステアリング」や「電子制御ブレーキシステム」、「高機能ESCモジュレーター(横滑り防止装置)」といった車両運動統合制御を行う製品や、「ドライバーモニターシステム」「周辺監視システム」といったセンシング技術を用いた製品の展示も行う。

あわせて、クルマのほぼすべての構成部品を取り扱う総合自動車部品サプライヤーとして、アイシングループの幅広い製品を搭載したデモカー「i-mobility Type-T」を展示する。

さらに今回は、電動化のための駆動モジュールの開発および販売を行うために、デンソーと共に設立する合弁会社「BluE Nexus(ブルーイーネクサス)」のコーナーを、デンソーとアイシングループのブース内に設置。デンソーとアイシングループとの3社合同でプレスカンファレンスを実施するほか、電動車両の駆動モジュールを展示する。
《丹羽圭@DAYS@レスポンス》


新着PR情報