RSS

【PR】神経伝達物質とうつ病 ―バンコク病院―

2019年4月12日(金) 12時00分(タイ時間)
神経伝達物質とうつ病 ―バンコク病院―の画像
神経伝達物質とうつ病 ―バンコク病院―
神経伝達物質とは情報を授受するために脳細胞と脳細胞の間を行き交う化学物質のことです。この神経伝達物質のバランスが崩れると様々な影響を及ぼします。

 以下の神経伝達物質がうつ病の鍵を握る重要な化学物質です。

* アセチルコリン(Acetylcholine)
* セロトニン(Serotonin)
* ノルエピネフリン(Norepinephrine)
* ドーパミン(Dopamine)


現在、うつ病患者はこれらの神経伝達物質の管理や総合システムに異常があることが分かっており、長期的に脳細胞に影響することも分かっています。ですがうつ病は、遺伝子、心理社会的要因(ストレス、環境、育ち、性格、行動)など、他の様々な要因も関係しています。

バンコク病院ホームページの記事はこちら
https://www.bangkokhospital.com/en/node/1986

詳しくはこちらまで: Bangkok Mental Health Rehabilitation and RecoveryCenter
受付時間:08:00AM-18:00PM

Tel : +66(0) 2310-3027, +66(0) 2310-3751-2, +66(0)2-310-3257(日本語対応)
Email: BFC@bgh.co.th, jpn@bangkokhospital.com(日本語対応)

日本人専門クリニック
《newsclip》


新着PR情報