RSS

ZFの最新自動運転システム、エヌビディアのプラットフォームを採用…上海モーターショー2019

2019年4月22日(月) 19時14分(タイ時間)
最新の自動運転システム「coPILOT」を発表するZF(上海モーターショー2019)の画像
最新の自動運転システム「coPILOT」を発表するZF(上海モーターショー2019)
ZFの自動運転システム「コパイロット」を搭載したジャガーI-PACEのデモ車両の画像
ZFの自動運転システム「コパイロット」を搭載したジャガーI-PACEのデモ車両
ZFの自動運転システム「コパイロット」を搭載したジャガーI-PACEのデモ車両の画像
ZFの自動運転システム「コパイロット」を搭載したジャガーI-PACEのデモ車両
エヌビディア(NVIDIA)は、中国で開幕した上海モーターショー2019において、ZFの最新自動運転システムにエヌビディアの「NVIDIA DRIVE」プラットフォームが採用された、と発表した。

ZFの最新自動運転システムが、「coPILOT」(コパイロット)だ。このシステムは、AI(人工知能)と包括的なセンサーセットを活用することで、とくに高速道路におけるさまざまな自動運転機能を可能にする。

coPILOTは音声コマンドにも対応する。また、交通状況を認識し、車両操作を感知し、ドライバーを監視するよう設計されており、即座に制御システムに介入し、危険な状況を事前に回避することを支援する。

ZFのこのcoPILOTに、エヌビディアのNVIDIA DRIVEプラットフォームを採用した。coPILOTには、ZFの第2世代の「ZF ProAI」セントラルコンピュータを搭載。ZF ProAIは、「NVIDIA DRIVE Xavier」プロセッサをコアに、ドライバーアシスタンス機能のための学習済みアルゴリズム統合し、完全な制御を行う。

柔軟性、拡張性に優れたこのシステムは、シームレスな更新が可能。要望に応じて、車両メーカー独自の、またはZFの開発による機能を追加することもできる、としている。
《森脇稔@レスポンス》


新着PR情報