RSS

タクシン元首相に禁錮3年、2度目の実刑判決

2019年4月25日(木) 19時10分(タイ時間)
【タイ】タクシン元首相が権力乱用などに問われた裁判で、政治家の汚職などを裁く一審制の特別法廷、タイ最高裁判所政治職在任者刑事犯罪部門は23日、被告の元首相が不在のまま、禁錮3年の実刑判決を下した。

 タクシン政権(2001―2006年)当時の2004年、タイ輸出入銀行がミャンマー政府に対し、タクシン一族が所有する通信衛星会社シン・サテライト(現社名、タイコム)から通信機器とサービスを購入するためなどの資金約40億バーツを低利で融資したことを、元首相による不正行為と認定した。

 タクシン元首相は幹部警官から起業家に転じ、1990年代にタイ屈指の富豪となった。1998年に政党を設立。地方、貧困層へのばらまき政策を掲げ、2001年の議会下院選で大勝し首相。2005年の下院選でも圧勝し、首相に再選されたが、2006年9月、外遊中に軍事クーデターが起き失脚した。2007年に実施された民政復帰のための下院選でタクシン派政党が勝利したため、2008年2月にタイに帰国。同年8月に出国し、同年10月、首相在任中に当時の妻が国有地を競売で購入したことで懲役2年の実刑判決を受けた。以来、タイに帰国せず、ドバイなどに滞在している。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タイのプラユット軍事政権は今月24日、2011年以来初めての議会下院選挙を実施した。民主化を求める国内外の圧力に屈したかたちだが、事前の予想に反し、プラユット首相の続投を目指す軍政派の新党、パラ...

【タイ】3月24日に投票が行われた2011年以来初のタイ議会下院(定数500)選挙は投票から1カ月以上経っても暫定議席数さえ発表がない異例の事態となっている。

タイ下院選投票率75% 新党躍進、2大政党大敗newsclip

【タイ】タイ選挙委員会は24日投票の議会下院(定数500)選挙の各党の暫定得票数を28日、発表した。投票率は74.7%、投票者数3826万8375人だった。

【タイ】プラユット軍事政権と真正面から対立する民主派の新党、新未来党が軍政・保守派から集中砲火を浴びている。党首が煽動罪、幹事長が不敬罪などに問われ、党自体も解党処分を受ける可能性が浮上している。



新着PR情報