RSS

タイ国王戴冠式 パレード観覧は検査に1時間半

2019年5月6日(月) 22時58分(タイ時間)
ワチラロンコン国王の画像
ワチラロンコン国王
写真、齋藤正行
スマホでパレードの位置を確認の画像
スマホでパレードの位置を確認
写真、齋藤正行
写真は自由に取ることが可能の画像
写真は自由に取ることが可能
写真、齋藤正行
観覧者のほとんどが黄色いシャツを着用の画像
観覧者のほとんどが黄色いシャツを着用
写真、齋藤正行
10のタイ数字が施された民主記念塔の画像
10のタイ数字が施された民主記念塔
写真、齋藤正行
パレード通過後の民主記念塔前の画像
パレード通過後の民主記念塔前
写真、齋藤正行
パレード通過後の民主記念塔前の画像
パレード通過後の民主記念塔前
写真、齋藤正行
パレードを中継する大型スクリーンの画像
パレードを中継する大型スクリーン
写真、齋藤正行
黄色いシャツで埋まるラーチャダムヌン・クラーン通りの画像
黄色いシャツで埋まるラーチャダムヌン・クラーン通り
写真、齋藤正行
イルミネーションで飾られたラーチャダムヌン・ナイ通りの画像
イルミネーションで飾られたラーチャダムヌン・ナイ通り
写真、齋藤正行
【タイ】5月4日から6日にかけ、バンコクでワチラロンコン国王(66)の戴冠式と関連行事が行われた。

 戴冠式は4日、王族、枢密顧問官、閣僚らが出席して王宮で執り行われた。5日はバンコク都内でパレード、6日は王宮で参賀が行われた。

 ワチラロンコン国王は2016年10月、父であるプミポン前国王の死去を受け、国王に即位した。

 5日のパレードは王宮などがあるラタナコーシン地区で行われた。同地区に入る主要道路ではエックス線検査や手荷物検査があり、通過には1時間ほどかかった。外国人はパスポートチェックのためさらに30分ほどかかり、カメラなど撮影機材は1台ずつ確認、登録された。

 パレードの沿道は座る場所がないほど混んではおらず、直前についても十分視界が確保できた。機材を登録していただけあって、写真撮影は自由だったが、ストロボの使用は禁止された。
《newsclip》

特集