RSS

佐賀県の男性、カンボジアから帰国後はしか発症

2019年5月7日(火) 22時10分(タイ時間)
【日本、カンボジア】佐賀県は6日、同県で約9年ぶりとなる麻しん(はしか)患者が発生したと発表した。

 患者は33歳の男性。4月17―20日にカンボジアに訪問し、帰国。5月4日に全身の発疹と高熱で佐賀市内の医療機関に入院した。翌5日、麻しんウイルス陽性が判明した。

 麻しんは欧州、米国などで流行しているほか、タイ、ベトナムなど東南アジアでも感染が続いている。

 佐賀県によると、麻しんは麻しんウイルスによって引き起こされる感染症。空気感染、飛沫感染、接触感染でヒトからヒトへ感染し、感染力は非常に強い。免疫がない人が感染するとほぼ100%発症する。感染すると約10―12日後に発熱や咳、鼻水といった風邪のような症状が現れる。2、3日熱が続いた後、39度以上の高熱と発疹が出現。肺炎、中耳炎を合併しやすく、患者1000人に1人の割合で脳炎が発症するといわれる。予防接種が最も有効な予防方法。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タイ保健省によると、年初から3月4日にタイ深南部4県(ヤラー、パタニー、ナラティワート、ソンクラー)で報告があった麻しん(はしか)患者は1161人で、このうち8人が死亡した。患者の約6割は4歳以下だ...

【ベトナム、日本】さいたま市は9日、高熱と発疹でさいたま市内の医療機関を受診した同市在住の40代の男性が8日に麻しん(はしか)と診断されたと発表した。3月初旬まで滞在していたベトナムで感染し、帰国後に発...

フィリピン、タイなどではしか急増 ユニセフが警鐘newsclip

 ユニセフ(国連児童基金)は2019年3月1日、世界ではしかの流行が警戒すべき高いレベルで急増しており、増加数の74%が10か国に集中し、過去にはしか根絶を宣言した国にも拡大していると警鐘を鳴らした。

【タイ】タイ保健省によると、2018年にタイ国内で報告があった麻疹(はしか)患者は全77都県中74都県の6209人で、深南部のえい児を中心に23人が死亡した。

特集



新着PR情報