RSS

バンコクのスワンナプーム空港、東滑走路第1期改修完了

2019年5月9日(木) 02時22分(タイ時間)
 の画像
 
写真提供、AOT
【タイ】タイの主要6空港を運営するタイ国営企業エアポーツ・オブ・タイランド(AOT)は8日、バンコク東郊のスワンナプーム空港で3月1日に開始した東滑走路(4000メートル)の第1期改修工事が終了し、通常運航を再開したと発表した。

 工事期間中は午前1時30分から8時30分まで東滑走路が閉鎖された。5月15日完工の予定だったが、予定より早く4月30日に工事が終了した。

 AOTは東滑走路の第2期改修工事を今年11月8日から来年4月6日にかけ実施する計画。

 スワンナプーム空港には現在、東滑走路と西滑走路(3700メートル)の2本の滑走路がある。AOTは2021年までに3本目の滑走路(4000メートル)を建設する計画だ。
《newsclip》


新着PR情報