RSS

イオン、ヤンゴンにハイパーマーケット出店

2019年5月10日(金) 12時45分(タイ時間)
 の画像
 
写真提供、イオン
 の画像
 
写真提供、イオン
 の画像
 
写真提供、イオン
【ミャンマー】イオンのミャンマーの合弁会社イオンオレンジは10日、同社初のハイパーマーケット業態の店舗「イオンオレンジ・タンリン・サクラ店」をミャンマー最大の都市ヤンゴンの南東部、タンリン郡区に出店した。衣料品、食品、日用品などを販売する。

 売り場面積は約2800平方メートルで、イオンオレンジが運営するスーパーマーケットの平均売り場面積の約3倍。イオンの商品調達ルートを活用し、近隣のタイ、マレーシア、中国からの輸入商品を大幅に強化した。

 家電売り場は地域最大級の約200平方メートルで、テレビ、今後本格的な普及が期待される洗濯機、冷蔵庫、エアコン、電子レンジを扱う。自宅への配送、小口ローンにも対応する。

 また、約70平方メートルのオープンキッチン型デリカテッセン、72席のイートインスペースを設け、鶏料理、ミャンマーカレー、サラダ、デザートなどを提供する。
《newsclip》

注目ニュース

バングラデシュ航空機が芝生に突っ込み大破、18人けが ミャンマー・ヤンゴン空港newsclip

【ミャンマー】8日午後6時50分ごろ、ヤンゴン国際空港に着陸したビーマン・バングラデシュ航空BG60便ダッカ発ヤンゴン行きのボンバルディア機が滑走路を外れて芝生に突っ込み大破し、乗客13人、乗員5人がけがをし...

【ミャンマー】住友商事は22日、同社と日本信号、きんでんの3社によるコンソーシアムが、ヤンゴン環状鉄道改修事業のうち、鉄道信号システム、信号用電力供給設備一式の改修事業をミャンマー国鉄から受注したと発...

ヤンゴン・マンダレー鉄道整備 一部区間を住友商事など受注newsclip

【ミャンマー】住友商事は22日、同社とフジタ、日本信号の3社によるコンソーシアムがヤンゴン・マンダレー鉄道整備事業のフェーズ1であるCP101工区をミャンマー国鉄から受注したと発表した。契約金額は約180億円。

【ミャンマー】三井住友建設(東京都中央区)は18日、ティラワ経済特別区を含むタンリン地区とヤンゴン中心部を隔てるバゴー川に架橋されるバゴー橋の建設工事を同社と横河ブリッジ(千葉県船橋市)の共同企業体...

【川崎大輔の流通大陸】ミャンマー初のロードサービス、日本の安全を啓蒙newsclip

2013年にヤンゴンを拠点に、ロードサービスをスタートしたSAT JAPAN ROAD SERVICE CO.,LTD(以下、SAT)の代表である山口弘隆氏にミャンマーの現状について話を聞いた。



新着PR情報