RSS

【三菱 パジェロスポーツ 海外試乗】トライトンベースの「フレーム付き」だからこその信頼性…諸星陽一

2019年5月13日(月) 01時47分(タイ時間)
三菱 パジェロスポーツの画像
三菱 パジェロスポーツ
《画像 三菱自動車》
三菱 パジェロスポーツの画像
三菱 パジェロスポーツ
《画像 三菱自動車》
三菱 パジェロスポーツの画像
三菱 パジェロスポーツ
《画像 三菱自動車》
三菱 パジェロスポーツの画像
三菱 パジェロスポーツ
《画像 三菱自動車》
三菱 パジェロスポーツの画像
三菱 パジェロスポーツ
《画像 三菱自動車》
三菱 パジェロスポーツの画像
三菱 パジェロスポーツ
《画像 三菱自動車》
3月下旬にタイのバンコク近郊で開催されたバンコクモーターショーの会場近に設営された特別コースにて、日本には未導入のSUV『パジェロスポーツ』に試乗できた。

パジェロスポーツはピックアップトラックの『トライトン』をベースとしたモデル。タイではこうしたピックアップトラックベースのフルキャビンのクルマをSUVという呼び方をしている。タイなど東南アジアでは、モノコックのSUVよりもフレーム付きのSUVのほうが好まれる。それは、今でも未舗装の悪路が多く、存在しているから。

とくに郊外や山岳部ではそうした傾向が高く、クルマもヘビーデューティなものが好まれる。言ってみれば基本はピックアップトラックで、その上に存在するのがパジェロスポーツのようなSUVだ。

ピックアップトラックがもっともベーシックなモデルとして存在、その使い勝手をよくするために荷台部分にシェルや幌を装着。そしてその使い勝手や走破性はそのままに、居住性や快適性を向上したモデルがSUVというわけだ。

試乗したパジェロスポーツは2.4リットルのディーゼルエンジンを搭載するモデルで、そのトルク感は十分。駆動方式はスーパーセレクト4WD。この4WDはデフォルトポジションがフルタイム4WDで、良好な燃費を確保しながらしっかりしたトルク伝達を示す。

試乗コースにはスラロームやダブルレーンチェンジが含まれていたが、それを上手にこなす。車高がある程度高いのでロールは大きいが、ロールそのものに不安感はない。大きくロールしてもクルマの動きはドライバーの手の内にある感覚だ。

少し乗り心地に荒さがあるが、ベースとなったトライトンがリヤサスまわりのチューニングを変更し、乗り心地などを向上しているので、このあたりもいずれ解決され、より磨きのかかったクルマとなることだろう。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★
フットワーク:★★★
オススメ度:日本未発売

諸星陽一|モータージャーナリスト
自動車雑誌の編集部員を経て、23歳でフリーランスのジャーナリストとなる。20歳代後半からは、富士フレッシュマンレースなどに7年間参戦。サーキットでは写真撮影も行う、フォトジャーナリストとして活動中。趣味は料理。
《諸星陽一@レスポンス》


新着PR情報