RSS

「料理遅い」 公務員が散弾銃で脅す タイ東北ブンカン

2019年5月21日(火) 11時46分(タイ時間)
【タイ】タイのテレビ報道によると、18日夜、タイ東北部ブンカン県の食堂で、同県ポンジャルーン市の男性職員(48)が散弾銃で店主を脅す騒ぎがあり、県知事が調査を指示した。

 職員は現場の食堂で、料理が出てくるのが遅いと騒ぎ出し、店主の男性と殴り合った。その後、ピックアップトラックでいったん帰宅し、散弾銃を持って店に戻り、店主を脅した。職員が銃を振りかざす様子を撮影した動画がインターネットの交流サイト(SNS)に投稿され、トラブルが明らかになった。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】汚職を取り締まるタイの国家機関、タイ汚職取締委員会(NACC)の高官がバンコク北郊のタイ政府総合庁舎内の道路でタクシーに拳銃を向けたことが判明し、NACCと警察が調査に乗り出した。

【タイ】タイのテレビ報道によると、タイ警察は4日、運転トラブルの相手に拳銃を向け脅したとして、運送会社従業員のタイ人男(26)を逮捕し、実弾が入った拳銃1丁を押収した。容疑者は犯行を認めている。

【タイ】タイのテレビ報道によると、19日未明、タイ南部チュムポン県で、南部ハジャイ発バンコク行きの長距離路線バスが交差点で停車した際にピックアップトラックから銃撃を受け、乗客のタイ人男性が足に被弾し...

特集



新着PR情報